介護ソフト、介護保険請求ソフト探しの決定版!厳選介護ソフトを一覧で比較!資料・体験版を無料で一括請求できます。

かんたん3ステップ
  1. サービス事業から対応ソフトを検索
  2. 検索結果から介護ソフトを比較
  3. 条件に合うソフトの資料・体験版を無料請求
掲載ソフト
  • 株式会社インタートラスト
  • 有限会社ミッツコミュニケーションズ
  • 株式会社日本コンピュータコンサルタント
  • 株式会社インフォ・テック
  • 株式会社ビーシステム
  • 株式会社エス・エム・エス
  • 株式会社ワイズマン
  • 株式会社日本ケアコミュニケーションズ
  • セントワークス株式会社
  • 株式会社カーネル
  • 株式会社ジャニス
  • いきいきメディケアサポート株式会社
  • 株式会社スリー・テン
  • 株式会社エフワン
  • 株式会社グッドツリー
  • 株式会社コンダクト
  • 株式会社KDDIエボルバ
  • 株式会社富士データシステム
  • 株式会社プライムワークス
  • 株式会社 ブルーオーシャンシステム
  • ニップクケアサービス株式会社
  • 株式会社スズケン
  • 株式会社信興テクノミスト
  • 株式会社 神戸デジタル・ラボ
  • 株式会社ノエシス
介護ソフトの検索はこちらから
ソフトを導入したいサービス事業にチェック↓をつけてください。 (複数選択可)

介護ソフトナビ掲載企業一覧

  • 株式会社 神戸デジタル・ラボ
  • 株式会社 ブルーオーシャンシステム
  • 株式会社日本コンピュータコンサルタント
  • セントワークス株式会社
  • 株式会社KDDIエボルバ
  • いきいきメディケアサポート株式会社
  • 株式会社ノエシス
  • 株式会社信興テクノミスト
  • 有限会社ミッツコミュニケーションズ
  • 株式会社ジャニス
  • 株式会社富士データシステム
  • 株式会社日本ケアコミュニケーションズ
  • 株式会社ワイズマン
  • 株式会社ビーシステム
  • 株式会社グッドツリー
  • 株式会社スリー・テン
  • 株式会社コンダクト
  • 株式会社インフォ・テック
  • 株式会社インタートラスト
  • 株式会社スズケン
  • 株式会社エフワン
  • 株式会社プライムワークス
  • 株式会社エス・エム・エス
  • ニップクケアサービス株式会社
  • 株式会社カーネル
【無料】ソフトを一覧比較&体験版・資料請求

介護ソフトナビを利用するメリット

介護ソフトナビはこんなサイトです

Photo1

「介護ソフトナビ」は、介護ソフトをお探しの方に、その商品の特長やメリットなどを中立的な立場で情報提供し、最適なソフト選びをサポートする「介護ソフト比較検索サイト」です。
事業規模や提供サービスにベストマッチするソフトを探すサポートをします。


当サイトでは、サイト上で実績・介護ソフトの情報や内容を比較検討し、条件にあった介護ソフトメーカーに1回の情報入力で一括お問い合わせ(資料や介護ソフトの無料お試し版のお取り寄せ)ができます。


介護ソフトナビとは

介護保険業務を効率化するソフト

Photo2

介護ソフトの主目的は「業務効率の向上」です。
例えば、訪問介護事業所であれば、今まで手書きやExcelなどで対応していて大変だった訪問ヘルパーのスケジュール管理を、「スケジュール管理ソフト」を導入することで、簡単に確実に時間短縮ができ、訪問ヘルパーがご利用者宅への訪問を忘れるというミスも大幅に無くなる事が考えられます。
また訪問履歴も残るので、過去の対応状況も簡単に辿ることができます。


このように、介護ソフトは今まで大変だった作業を、職員の方が誰でもスピーディーに簡単に行えるようにし、サービスの質を上げ、かつ業務効率を最大限にUPする事を目的にしていると言えます。


ケアプラン作成や介護保険請求など、様々な介護保険業務に対応したソフトがあり、また、開発・販売するメーカーも全国で50~60社ほどあります。使い勝手や価格、特長、フォロー体制など各社それぞれ違いますので、導入する際は、数あるソフトの中から「必要になる機能などはどのようなものか」をじっくりと比較検討して、導入したいものです。


介護ソフトの種類

介護ソフトの種類は、まず一つはパソコンにソフトを導入する「パッケージソフト型・導入型」と言われるもの、もう一つはインターネットを通じてメーカーが提供するソフトを利用する「ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)型」と言われるものと、大きく分けて2つあります。


Photo3

「パッケージソフト型」は高機能で、中・大規模事業所向け、「ASP型」は機能を絞り込んだ小規模事業所向け、という傾向がありますが、機能、価格体系など、介護ソフトメーカーによりかなり違いがあります。
「パッケージソフト型」であっても機能を絞り込んだ低価格なのもがあったり、「ASP型」であっても高機能なソフトがあったりしますので、介護事業者様の事業規模や必要としている機能、使い勝手、価格など様々な角度から十分に比較した上で、最適な種類を選ぶと良いでしょう。


介護ソフトの選び方

Photo4

例えば、あなたが一人で居宅介護支援事業所を開設した場合、最初からフルセットのパッケージソフトを買うという選択肢は考えにくいと思います。まずはケアプラン作成や介護保険請求など、必要最低限の機能を取り揃えている、価格を抑えたパッケージ型かASP型ソフトを導入するイメージが浮かぶのではないでしょうか?


また、現在使用しているソフトの買い替えを検討している方は、現在使用しているものの不満点を解決できる機能を持っているソフトを探すはずです。
買い替えは費用の負担だけでなく、今までのデータを引き継いだり、セットアップする手間を考えると、そう何度も行えるものではありません。


新規開発で導入するにしても、使用しているソフトの買い替えをするにしても、せっかく機能満載な介護ソフトを購入したものの、必要のない機能が多かったり、操作が難しく逆に業務に支障をきたしてしまうなど失敗することがないよう、いくつかの介護ソフトをパンフレットなどで「費用」、「機能」、「拡張性」などで比較したうえで体験デモを依頼するなどして、慎重に選びたいものです。


【無料】ソフトを一覧比較&体験版・資料請求

介護とIT

Read1_img 介護は人が人を手助けするサービスなので、インターネットなどのITとは対極にあるというイメージを持たれる方も多いでしょう。
しかし昨今は、直接の介護サービス以外の業務の効率化のため、介護ソフトに代表されるようにITの活用が進んでいます。

そのため介護ソフトメーカーは、介護事業所で業務を行うスタッフがパソコンに習熟していなくても、ソフトを簡単に操作できるように工夫したり、サポート体制を整えたりしています。

今後、国の方向性として在宅介護へシフトしていく事で、ますます居宅介護サービスの事業所が増えていき、利用者確保に向けて、更に業務効率が求められていくことでしょう。また、医療との連携や介護記録などITツールの利用がますます一般的になっていくでしょう。

介護ソフトの情報収集も「まずはインターネットで」が主流

Read2_img 例えば、数ヶ月後の介護事業の新規オープンにあたり、急いで介護ソフトの導入を検討している場合、まずはインターネット等で情報収集をする方が多いのではないでしょうか。
介護ソフトメーカーも、インターネットによる集客にかなり力を入れており、広告宣伝のツールとして「インターネット」は欠かせないものとなっています。

もちろん各介護ソフトメーカーのホームページで情報を収集することもできますが、どんなソフトがあるのか調べたい、多くのソフトから自社の使用条件にあったソフトを探したい、というニーズには介護ソフトナビのような比較サイトがとても役立ちます。

いくつかのソフトを比較検討し、ニーズに合ったソフトが見つかったら資料請求して詳細を確認するとよいでしょう。

今すぐ介護ソフトを比較する