通所介護(デイサービス)ソフト ランキング

日々の送迎管理やバイタルチェックの記録など、いくつもの作業記録や管理が必要なデイサービス。介護ソフトを活用することで、業務の効率化やコスト削減を図ることができます。
通所介護(デイサービス)ソフトの介護ソフトナビでのお問い合わせランキングを見てみましょう。


通所介護(デイサービス)ソフト お問い合わせ数ランキング


2019年2月~4月のランキング


1位介護ソフト「ケア樹Free」(地域密着型通所、総合事業にも対応)
同率2位
介護ソフト「まもる君クラウド」(居宅サービス)
キャンビルネオ
Flowers NEXT on Cloud(フラワーズ・ネクスト・オン・クラウド)
介舟ファミリー for Cloud(居宅サービス(介護予防含む) )

問い合わせ件数自体は僅差になっているものの、前回1位の「ケア樹Free」が不動の人気を誇っています。2位には4件のソフトが並びましたが、その中でも「まもる君クラウド」は前回も2位にランクインしていたソフトです。


通所介護(デイサービス)の業務は送迎から始まり、バイタルチェック、連絡帳や持ち物のチェック、リハビリ、入浴、食事の配膳・介助、レクレーションの実施と多種多様です。
通所介護(デイサービス)は他のサービスと比べると利用者が多い傾向にあり、スタッフ間の連携が非常に重要です。
介護ソフトの導入は、利用者の情報をしっかりと分かりやすく管理できるため業務の効率化につながります。
なお、導入にあたっては正式な導入の前にスタッフ間で使いやすさを確認できると安心です。
上記の介護ソフトには無料のお試し期間が2~3ヵ月ほどあります。複数の介護ソフトで画面操作などを実際に試されることをおすすめします。



導入時期について

導入時期においては、先を見越してご検討される事業所様が多く、年内の導入を目安に半年ほどの間じっくり選ばれることが多いようです。この場合は数多くのソフトを比較検討されるため、5つ以上の介護ソフトで比較いただいております。
なお紹介している介護ソフトには、2~3カ月の無料お試し期間が設定されているものもありますので、導入前に実際の使い勝手を試すことが可能です。



通所介護(デイサービス)の介護ソフト 導入検討理由


介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業者様に、ソフト導入の検討理由を教えていただきました!


・国保連のインターネット請求移行を受けて、帳票のみ自作していたが、今後のブラックボックス化を防ぐためにも一括で管理したいと考えたため。
・障害福祉サービス事業所に介護事業も開所し共生型サービスへ移行したので、ソフトの導入を検討している。
・今後、訪問介護事業のほかに「通所型サービスA」を提供開始する予定で、他サービスと合わせて対応しているソフトを探している。
・現在使用しているソフトとの比較をしたい。
・介護事業の立ち上げを検討しておりソフトを導入したい。


平成30年度の報酬改定を経て、共生型サービス(同一の事業所で一体的に介護保険と障害福祉のサービスを提供する取組み)への関心が高まっており、介護支援と障がい者支援の両方に対応しているソフトを求めて、お客様からのお問い合わせが急増しています。
また、「現在の登録データをそのまま移行できるかどうか」を心配されているお客様も非常に多くいらっしゃいました。ソフト会社によってはこうしたご要望もきちんと応えてくれますので、ご不明な点はぜひともご相談ください。

同じような理由で介護ソフトの導入を検討されていましたら、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみませんか?

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

問い合わせ数ランキング

  • 通所介護(デイサービス)ソフト ランキング

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド