訪問介護ソフト ランキング

多くのホームヘルパー(訪問介護員)が在籍する訪問介護事業所。勤怠の集計や訪問記録の管理業務が膨大なだけに、介護ソフトを活用してスムーズに運営したいと考えている事業所様も多いのではないでしょうか。

介護ソフトナビでは毎月のお問い合せ数をソフト別に集計、中立的な立場から人気ソフトのランキングをご紹介しています。
それでは訪問介護ソフトの介護ソフトナビでのお問い合わせランキングを見てみましょう。


訪問介護ソフト お問い合わせ数ランキング


2019年11月~2020年1月のランキング


1位SuisuiRemon
2位ケア樹Free
3位カイポケ経営支援サービス

前回、前々回から「SuisuiRemon」が不動の首位を保っています。すでに検討されているソフトの中に、あとひとつソフトを加えて検討したい方は「SuisuiRemon」を加えても良いかもしれません。また、2位・3位には新たに「ケア樹Free」と「カイポケ経営支援サービス」がランクインしました。


上位人気ソフトのご紹介


SuisuiRemon
現場の管理者やスタッフの声を聞きながら作り上げたソフトです。記録に特化したシステムで、介護記録の管理が簡単にできるようになります。スマホの連携もOK!

ケア樹Free
1日程度の説明ですぐに使えるようになる、初心者にもわかりやすい画面設計です。無料で使えるiPadアプリもあり。クラウドサービスなので災害時もデータは安全に保管されます。

カイポケ
導入事業所は25000以上で中小事業所から大手事業所まで幅広く利用されています。簡単で分かりやすい画面で、操作性が良いのが特徴。機能が豊富でタブレットも活用できます。

訪問看護のソフトを探している事業所様の場合、介護保険と医療保険の両方に対応したソフトをご利用になると便利です。当てはまる事業所のご担当者様は、ぜひ下記リンクの「3)訪問看護で医療保険での請求可能な介護ソフト」から該当ソフトをご確認ください。

介護ソフト パッケージ型とクラウド(ASP)型の違い


介護ソフトナビで紹介しているソフトには、無料のお試し期間を設定している介護ソフトが多くあります。導入後スムーズに操作ができるように、お試し期間を利用して操作性を確認してみることをおすすめします。


訪問介護サービス用の介護ソフト 導入検討理由


介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業所様に、ソフト導入の検討理由を教えていただきました!


・新規事業として訪問看護ステーションを検討中。訪問介護と両方対応できるソフトを探している。請求業務もできるものが欲しい。
・現在、居宅介護支援で介護ソフトを使っているが、訪問介護事業所を新規開設するにあたり検討。お試しもしているが、安くても使い勝手がいまひとつだったり、請求業務が別料金だったりするのでより良いソフトを探している。
・訪問・居宅・通所に加え有料老人ホームを立ち上げる予定。業務が多岐にわたることが予想されるため、ソフト導入で業務効率化をはかりたい。
・現在使用中ソフトの不具合が多く、さらに今年から月額になるので、新たなソフトを検討している。
・特定事業所加算取得に伴う、介護記録内容の整備運用のために導入したい。


導入検討理由として「春に向けての新規開設に合わせて」という理由が特に目立ちました。最近は現在お使いのソフトの更新時期という事業所様も多く、他のソフトの使用感を試して検討したいという希望が多く見られました。
他にも訪問介護ならではの、外出先で使用できるタブレットやスマホ対応ソフトを検討されている事業所様が多くいらっしゃいました。

同じような理由で介護ソフトの導入を検討されているようであれば、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみるのはいかがでしょうか?





「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

問い合わせ数ランキング

  • 訪問介護ソフト ランキング

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド