訪問介護ソフト ランキング

多くのホームヘルパー(訪問介護員)を束ねる訪問介護事業所。シフト調整が複雑なだけに、介護ソフトを活用してスムーズに運営したいと考えている事業所様も多いのではないでしょうか。
訪問介護ソフトの介護ソフトナビでのお問い合わせランキングを見てみましょう。


訪問介護ソフト お問い合わせ数ランキング


2019年2月~4月のランキング


同率1位
SuisuiRemon
ナーシングネットプラスワン
2位キャンビルネオ

前回1位の「ナーシングネットプラスワン」に前回2位の「SuisuiRemon」が並び立ち、その結果前回3位の「キャンビルネオ」が2位に浮上しています。
介護ソフトには、パッケージ型のソフトとクラウド(ASP)型のソフトがありますが、上位となったソフトは、いずれもクラウド(ASP)型のソフトでした。
2018年4月からは介護保険の請求がインターネット請求に一本化されましたが、インターネット請求に対応しているかどうかも、検討項目のひとつになっていた可能性がありそうです。



導入時期について

導入時期においては、2~3カ月以内に導入したいという事業所様が最も多く、その他なるべく早めに導入したい、1年以内に導入したいなどさまざまなご要望がありました。
介護ソフトナビで紹介しているソフトには、無料のお試し期間を設定している介護ソフトも多くあります。導入後スムーズに操作ができるように、お試し期間内で操作性を確認してみるのも良いでしょう。
また、検討数においては他のサービス事業と比べて多く、少なくとも5つ以上の介護ソフトを比較いただいていることが多いようです。



訪問介護サービス用の介護ソフト 導入検討理由


介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業者様に、ソフト導入の検討理由を教えていただきました!


・現在障害福祉サービスの居宅介護サービスを提供しているが、利用者の高齢化に伴い、介護保険での訪問介護の申請を検討している。
・現在使っているソフトではスケジュール管理が困難なので、安くて管理のしやすいソフトを探している。
・手書きの介護記録書をPC入力に変更したい。また、在宅勤務の職員も作業できるソフトはないか探している。
・新規開業のため。介護ソフトの導入にあたり、比較検討する材料が欲しい。
・現在は居宅介護と訪問介護、それぞれ異なるソフトを使用しているが、一括で管理できるソフトに変更したい。


訪問看護のソフトを探している事業所様の場合、介護保険と医療保険の両方に対応したソフトをご利用になると便利です。複数の事業所を同時展開されているお客様は、同一のソフトに統一することで支払いやデータの送信をスムーズにしたいという希望も口にされていました。他にも「事業所の外で入力作業を行いたいので、タブレット対応のソフトがほしい」という、訪問介護ならではの要望もありました。

同じような理由で介護ソフトの導入を検討されているようであれば、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみるのはいかがでしょうか?

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

問い合わせ数ランキング

  • 訪問介護ソフト ランキング

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド