訪問看護ソフトガイド

訪問看護は、医療行為のできる看護師、准看護師、保健師、理学療法士などが、利用者の自宅へ訪問し、医療処置に関するサービスを行うことです。

例えば、医師の指示にしたがい血圧測定や点滴の管理や褥瘡(床ずれ)の対応や予防、食事や排泄の援助などがあります。

訪問看護を実施するサービス事業者は訪問看護ステーション、病院・診療所です。
訪問看護を利用する場合は、主治医からの指示書が必要となります。

利用者の中には、栄養チューブやカテーテルを使用しながら自宅で生活をしている方もいらっしゃいます。
24時間対応型の訪問看護ステーションは、利用者の症状の変化や万が一問題があった場合に時間帯に関係なく対応できるのでとても便利です。

「訪問看護」は介護保険ではなく医療保険でも利用できる場合があります
(例えば、末期がん、重症筋無力症、進行性筋ジストロフィー症、シャイ・ドレガー症候群、また頚椎の損傷や人工呼吸器などを使用している状態)
このような病気は、医療に頼る部分が大きく、介護保険の場合、利用限度額を超えてしまいます。
こういったケースでは医療による治療を続けることができるよう医療保険の適用となります。

選び方のポイント

「訪問看護」は前述の通り、介護保険と医療保険で利用ができます。

したがって訪問看護ソフトでは事業形態により、介護保険、医療保険の双方で請求業務が可能かどうかが大きなポイントです。介護保険での請求は対応しているが、医療保険での請求が対応していない場合もあるので確認が必要です。

訪問系サービスソフト同様にスケジュール管理~情報入力~請求業務まで一連の業務の使いやすさと介護保険、医療保険双方の請求業務に対応しているかどうかが、ソフト選びのポイントになります。

【無料】ソフトを一覧比較&体験版・資料請求

居宅サービス ソフトガイド

  • 訪問看護ソフトガイド



介護ソフトナビ掲載ソフト一覧