人材不足解消 労働時間軽減 介護施設にペッパー

訪問リハビリテーション 介護ソフトガイド

訪問リハビリテーション(訪問リハ)とは、利用者の心身の機能の維持・回復に向けて理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が、利用者の自宅を訪問しリハビリテーションを行うサービスをいいます。

訪問リハを受けることができる利用者は、主治医から「リハビリの必要がある」と認定を受けた方になります。訪問リハの利用を希望する場合は、担当ケアマネや主治医に相談し認定を受けます。

訪問リハの内容は、身体機能の回復訓練や日常生活を円滑に行う訓練、また、福祉用具の使い方や介護・介助に関する助言も含まれます。実施事業所は理学療法士などのいる病院、診療所、老人保健施設などが一般的です。

また、訪問リハは医療保険で利用することも可能です。要介護認定を受けていない方が利用する場合は医療保険のサービスとして利用することになります。

選び方のポイント

訪問リハビリテーションの業務ソフトも、訪問系サービスであり医療保険を利用できる点から、訪問看護ソフトを選ぶ際のポイントと同様、介護保険、医療保険の双方で請求業務が可能か確認する必要があります。

また、ご利用者が自立した生活を送るためにリハビリテーションは非常に重要です。
利用者のご状況や実施するリハビリの内容、リハビリ記録の作成などしっかりとした情報入力ができるソフトが良いでしょう。
「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

居宅サービス ソフトガイド

  • 訪問リハビリテーション 介護ソフトガイド

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります 介護ファクタリングナビ
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド

実際に触れて体験しよう! 労働時間軽減 介護施設にペッパー