介護報酬改定前に介護ソフトを導入しよう

2018年の介護報酬改定


2018年は3年に一度の介護報酬改定の年です。改定率は0.54%でプラス改定となります。
今回の改定では、「地域包括ケアシステムの推進」「自立支援・重度化防止」「多様な人材の確保と生産性の向上」「介護サービスの適正化」の4つを柱としています。国民の3人に1人が65歳以上となる2025年に向けて、高齢者が適切な介護サービスを受けられること、同時に質が高い介護が提供できることを目指します。

多くの介護ソフトでは、介護報酬改定に合わせてソフトウェアアップデートが行われます。そのため、介護ソフトを導入している介護サービス事業所では、介護報酬改定が公布された後もスムーズに業務を行うことができます。
しかし、介護ソフトを導入していない介護サービス事業所では、手作業で介護報酬改定への対応を行うことになります。

改定前に導入して、業務をスムーズに


介護報酬改定で変更される範囲は非常に多岐にわたります。これは介護報酬改定が原則として3年ごとであるため、3年の間に変化した社会の状況や介護サービスの現状などを盛り込むためです。また、より良い介護サービスの提供には、介護以外の障害福祉の分野との連携が必要不可欠です。このように、異なる分野の実状も改定内容に含まれることから、改定内容をすぐに理解することは難しいでしょう。

最新の介護報酬改正に対応した介護ソフトなら、改定で変更された内容をひとつずつ確認しなくても、ソフトが介護サービスごとの報酬を自動で計算します。
使用中の介護ソフトが、改定時の対応が遅かったことを受け、改定前に乗り換える事業所もあります。お使いのソフトで気になる点があれば、乗り換えを検討するのによい時期です

介護報酬改定では介護報酬請求業務だけでなく、介護の現場で提供する内容や事業所の運営に関わる業務も影響を受けます。改定の影響を受ける業務をひとつでも円滑に移行するために、早期の介護ソフト乗り換え・導入がおすすめです
「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

介護ソフトと報酬改定

  • 介護報酬改定前に介護ソフトを導入しよう

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド