人材不足解消 労働時間軽減 介護施設にペッパー

訪問入浴介護 介護ソフトガイド

訪問入浴介護とは浴槽を利用者の自宅や介護施設に運び、利用者に入浴の介護を行うサービスです。
入浴は身体に負担がかかるため、利用にあたっては、主治医に利用者の入浴が可能かどうか確認をとることが必要です。

入浴の介護は一般的に看護師1名・介護職員2名で行われます。
入浴前には、看護師が、血圧や脈拍、体温を測定して体調のチェックを行います。
体調が良くない場合は入浴は中止となります。
入浴が中止の場合、部分浴や蒸したタオルで体を拭いてあげる清拭といった利用方法もあります。

選び方のポイント

訪問入浴介護ソフト訪問介護等と同様に、介護職員が居宅等へ訪問するサービスの性質上、訪問介護ソフトで利用できる機能などが揃っている必要があります
利用者の体調が第一ですので、利用者の症状や病気をしっかりと把握できるようきちんとした利用者情報を登録する必要があります。
また、介護職員が利用者宅へ訪問して入浴サービスをするため、日別、週別、月別で確認できる訪問入浴予定のスケジュール管理機能も必要です。
もちろん請求処理のため、利用者に提供したサービスの実績入力をし、それに基づき請求業務ができる機能も必要です。

訪問系サービスでは介護職員のスケジュール調整が大変です。
簡単な操作で職員のスケジュールが立てやすいソフトであること
また請求業務にもスムーズに対応できるソフトであること
このあたりが訪問入浴介護ソフトを選ぶ際のポイントになってきます。

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

居宅サービス ソフトガイド

  • 訪問入浴介護 介護ソフトガイド

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります 介護ファクタリングナビ
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド

実際に触れて体験しよう! 労働時間軽減 介護施設にペッパー