介護ソフトでレセプト業務が楽になる!

介護のレセプト業務とは?


介護サービス事業所にはさまざまな業務がありますが、特に毎月1日~10日頃はレセプト業務で忙しくなる時期です。
レセプト業務とは、介護サービス事業者などが利用者に介護サービスを提供した報酬として、介護給付費を請求する業務です。この請求業務でレセプト担当者は、いくつかの書類を作成して国保連に送る作業を行います。


レセプト業務の流れ(手書きの場合)


介護サービス事業者が、介護給付費の支払いを受けるまでの流れを見ていきましょう。


実績を記録する


介護サービス事業者はケアマネージャーから交付されたサービス提供票などをもとに、利用者へ提供したサービス内容(実績)を記録しておきます。


書類を国保連に郵送で送る(施設などの場合)


(1) 介護給付費明細書は利用者の実績を転記して作成します。
(2) 介護給付費請求書は介護給付費明細書の内容を施設ごとにまとめて作成します。


手書きの場合、実績を転記する際に気を使う作業となりますが、介護ソフトを使えば日々に入力された実績の内容を介護給付費明細書に取り込んだり、介護給付費請求書としてまとめたりすることができるので効率化が図れます。パソコンからそのままデータを送ることができ、ペーパーレス化も可能です。


その他、他事業所との情報共有も簡単にできます。各事業所の生活相談員やケアマネージャーが入力したものを、レセプト担当者がまとめて国保連に送るという作業をこなせるのが介護ソフトの魅力です。


訪問介護・看護で活躍! タブレット対応の介護ソフトも


介護ソフトの魅力はそれだけではありません! 訪問介護やデイサービスなどで移動が多い場合には、タブレットに対応している介護ソフトを導入すると持ち運びに便利です。ヘルパーがタブレットに入力したデータを請求業務にも使えるので、何度も記録を入力せずにすみます。迅速で正確な請求業務が実現できます。


介護ソフトは安全・安心な事業所の味方


介護サービス事業所が介護サービスを利用者に提供する場合、まずはその利用者の情報管理が必要です。介護ソフトなら請求業務だけでなく、利用者の個人データ・プラン作成・利用実績管理・支援経過などを分かりやすくまとめて保存しておくことができます。ケアマネージャーの予定まで管理できるものもあるので、多忙で仕事量の多いケアマネージャーやレセプト担当者にとっては心強い味方となります。
介護ソフトの導入はレセプト業務などの作業能率が上がるだけでなく、スムーズな運営を手助けしてくれる賢いツールとなります。


こんなに便利な介護ソフト! 使い始めたら業務がグッと楽になったという声も。介護サービスの内容によってさまざまな介護ソフトが用意されているので、どの介護ソフトが使いやすいか? いくつか資料請求をして、お試しデモを使ってみるのもひとつの方法です。

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

介護ソフトを知る

  • 介護ソフトでレセプト業務が楽になる!

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド