人材不足解消 労働時間軽減 介護施設にペッパー

介護保険の報酬改定と制度改正

介護事業を展開していると、何かしらの形で話が出てくる「報酬改定」「制度改正」といったキーワード。では、そもそもどういう意味なのでしょうか?

2000年に始まった介護保険制度ですが、3年に一度介護報酬を、5年に一度介護保険制度そのものを改正することになっています。
介護報酬」は名前からイメージできるように、介護保険サービスを提供した保険事業者に支払われる「料金」のことを言います。報酬は介護保険サービスの内容により決まった金額が定められていて、原則として9割は保険から支払われ、1割は利用者負担となります。

この報酬が介護保険事業所の売上になります。つまり従業員の給与、また事業者の事業戦略に関わるため、介護業界では報酬改定の動向に注目が集まります。
介護ソフトメーカーはその「報酬改定」に合わせたソフトを、改定のたびに事業者へ提供します。なお、「制度改正」の際も「報酬改定」の時と同様に、制度改正の内容に合わせたソフトを提供します。

2012年は「報酬改定」、2015年は「報酬改定」「制度改正」が行われました。さらに2018年には介護報酬と診療報酬の同時改定が予定されており、介護業界にとって、またソフトメーカーにとっても大変な年になると予想されています。
このような「報酬改定」や「制度改正」に継続的に対応する必要があるため、ひとつのソフトを長く使っていきたいという場合は、より実績のあるソフトメーカーを選択するということもソフト選びの基準のひとつと言えるでしょう。

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

介護ソフトを知る

  • 介護保険の報酬改定と制度改正

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります 介護ファクタリングナビ
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド

実際に触れて体験しよう! 労働時間軽減 介護施設にペッパー