短期入所生活介護・療養介護(ショートステイ) ソフト

短期入所生活介護や短期入所療養介護はショートステイともいい、利用者が短期間、施設などへ入所し日常生活に必要な介護や機能訓練など受けるサービスです。



介護ソフト導入でできるようになること

短期入所生活介護(ショートステイ)では、利用が短期間であるため利用者の入れ替わりが頻繁にあります。そのため、利用者に気持ちよく過ごしてもらうためにもスタッフ間での情報共有が大切です。
介護ソフトを導入することにより、たとえば次のようなことが可能になります。

・大事な申し送り、事務連絡の情報の共有がスムーズに
・入居者の入居・退去管理・空き部屋状況などの管理により入居希望のお問い合わせ対応がスムーズに
・利用者の状況や、毎日の介護記録・日報などの共有・管理が簡単に
・日々の利用者のサービス実績を集計し、請求管理が自動的にできる

選び方のポイント

導入時や導入後のサポート体制についても確認しておくと安心でしょう。
乗り換えの場合は、現在のシステムからの移行が必要になります。その際のサポートが十分であるか、また新規の場合はネットワーク構築などのインフラ整備等についても相談できるかなども選ぶポイントになりえます。
その他導入後に「電話やメールで問い合わせができる他、遠隔保守がある方が良い」など希望を明確にしておくと選びやすくなります。

短期入所生活介護とは

短期入所生活介護は、利用者が特別養護老人ホームなどの施設へ短期入所し、食事や入浴、トイレなど日常生活な介護を受けるサービスを指します。
短期入所生活介護は、そのサービスのみを提供する単独型の老人短期入所施設、特別養護老人施設、介護老人保健施設、病院、診療所、ケアハウスなどに併設(併設型)されている施設もあります。

短期入所療養介護は、利用者が介護老人福祉施設などの施設へ短期入所し、医療上の治療や看護や機能訓練などを受けるサービスを指します。
短期入所療養介護は、介護老人保健施設や介護療養型医療施設がサービスをおこなっています。
短期入所生活介護は、利用者の家族などの介護者が何かしらの理由(例えば冠婚葬祭や旅行、体調不良など)で、介護に携わるのが難しい場合に、利用したいサービスです。
また、短期入所生活介護の利用は、介護者の日頃の心身の負担の軽減にもつながります。

短期入所生活介護(ショートステイ)の介護ソフト 導入検討理由

介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業者さまに、ソフト導入の検討理由を聞きました!

・職員の業務効率化のため
・現在使用しているソフトがサポート終了となるため

同じような理由で導入を検討している事業者さまは多いかもしれませんね。
迷われているようでしたら、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみませんか?
「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です! Defo-bt1_sp

居宅サービス ソフトガイド

  • 短期入所生活介護・療養介護(ショートステイ) ソフト

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド