【2023年2月最新】通所介護(デイサービス)ソフト ランキング

通所介護(デイサービス)では、計画書をはじめモニタリング表やケアの記録など、日々の業務の中でいくつもの帳票の作成や管理が必要です。介護ソフトを活用することで、業務は効率化しコスト削減を図ることができます。

介護ソフトナビでは毎月のお問い合せ数をソフト別に集計、中立的な立場から人気ソフトのランキングをご紹介。
ここでは通所介護(デイサービス)ソフトのお問い合わせランキングを見てみましょう。



通所介護(デイサービス)ソフト お問い合わせ数ランキング


2022年11月~2023年1月のランキング


同率1位
ナーシングネットプラスワン
介舟ファミリー
カナミッククラウドサービス

多くの企業が同率順位が続いていましたが、今回は3社が同一1位で2位と若干ながら差を付けました。ランキングには掲載していませんが、2位も7社以上が同率で人気の差は極わずかです。



どのソフトもそれぞれ特長がありますので、予算や機能などを踏まえて複数のソフトを比較検討されている事業者様が多いようです。導入ご検討の際は、しっかり比較いただくことをオススメします。


上位人気ソフトのご紹介


ナーシングネットプラスワン
記録から請求まで一気通貫で行えるソフトです。PCの台数制限がないことや自動で行えるバージョンアップ、通話料無料のサポートセンターなどが人気です。

介舟ファミリー
利用者数やパソコン台数が増えても追加料金は0円!完全月額定額制なので安心して利用できます。介護保険、障害者福祉サービスの両制度に対応しています。

カナミッククラウドサービス
サービスを展開しているカナミックは介護ソフト専業のIT企業で、東証プライム上場を果たしている企業です。電⼦記録を通じてサ責とヘルパーの連携がとても簡単であり、⾼齢スタッフも使いやすい記録画⾯と簡単操作で導⼊もとてもスムーズが特徴です。



上記の介護ソフトには無料のお試し期間が45日~3ヵ月ほどあります。使用感や機能も違いがありますので、複数の介護ソフトで画面操作などを実際に試されることをおすすめします。


通所介護(デイサービス)の介護ソフト 導入検討理由


介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業所様に、ソフト導入の検討理由を教えていただきました!


・ICT化のためシステムの見直しを検討中。事業所内で複数台のPCを使っても、料金が上がらないソフトを探している。
・スタッフの記録業務、請求業務の効率化を図るため。介護記録、請求、サービス提供表などが連動できるソフトがあれば、そちらに変更したいと思っています。
・地域密着型通所介護の立ち上げを予定しています。請求含め、ケアプラン、加算(運動器機能向上、科学的介護推進、個別機能訓練、他)や、介護記録と連絡帳が連動出来るソフトを導入したく、問合せました。
・使用中のソフトの更新時期に合わせて、全事業所で横断的に使用できるソフトを探しております。


通所介護(デイサービス)はここ最近新規立ち上げの話題が少なくなっていましたが、最近になって再び増えてきたようです。
通所介護(デイサービス)だけでなく、居宅や訪問介護などの事業も行っているお客様も多いため、複数の事業所を一元管理できる介護ソフトを求める方も見られました。
また、「現在の登録データをそのまま移行できるかどうか」を心配されているお客様もいらっしゃいます。ソフト会社によってはこうしたご要望もきちんと応えてくれますので、ご不明な点は資料請求とともにご相談ください。

同じような理由で介護ソフトの導入を検討されていましたら、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみませんか?

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です!

問い合わせ数ランキング

  • 【2023年2月最新】通所介護(デイサービス)ソフト ランキング

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド