【2021年4月最新】居宅介護支援ソフト ランキング

居宅介護支援事業所のケアマネ―ジャーの仕事は、関係機関との連絡調整業務をはじめ、多くの帳票を作成します。介護ソフトを使うと予定の管理はもちろん、アセスメント表やケアプランなど様々な帳票も簡単に作成できます。

介護ソフトナビでは毎月のお問い合せ数をソフト別に集計、中立的な立場から人気ソフトのランキングをご紹介しています。
それでは、居宅介護支援ソフトのお問い合わせランキングを見てみましょう。


居宅介護支援ソフト お問い合わせ数ランキング


2020年3月のランキング


1位ケア樹Free居宅
同率2位
まもる君クラウド
キャンビルネオ
カイポケ経営支援サービス(居宅介護支援用)

不動の1位・2位を飾る「ケア樹Free」と「まもる君クラウド」が印象的な結果となりました。その他「キャンビルネオ」と「カイポケ経営支援サービス(居宅介護支援用)」が新たに同率2位にランクインしています。


介護ソフトには、パッケージ型のソフトとクラウド(ASP)型のソフトがあります。
居宅介護支援ソフトでお問い合わせランキング上位となったソフトは、いずれもクラウド(ASP)型のソフトでした。

介護ソフト パッケージ型とクラウド(ASP)型の違い

なお、ランキングでご紹介した介護ソフトには1~3カ月の無料お試し期間が設定されているため、導入前に実際の使い勝手を試すことができます。


上位人気ソフトのご紹介


ケア樹Free 居宅
1日程度の説明ですぐに使えるようになる初心者にもわかりやすい画面設計です。無料で使えるiPadアプリあり。パソコンの不具合や災害時でもデータは安全に保管されます。

まもる君クラウド
親切丁寧なカスタマーサポートが特徴で、使い方が分かるまで徹底的に無料サポート。請求の際にメールアドレスを入力すれば、登録アドレスに無料体験のURLが届きます。

キャンビルネオ
導入しやすい価格帯と無料のヘルプデスクが魅力的な、満足度が高い介護ソフト。全ての介護サービスに対応しているので、複数の事業所間における連携にお悩みの方も安心です。

カイポケ経営支援サービス
予定実績データを入力するだけで、国保連請求や利用者請求を自動作成。請求データはそのまま国保連に伝送できます。実績入力もタブレットで簡単に。

居宅介護支援サービス用の介護ソフト 導入検討理由


介護ソフトナビでお問い合わせいただいた事業所様に、ソフト導入の検討理由を教えていただきました!


・現在は居宅介護支援事業所に雇用されているが独立を考えており、その際に必要なソフトを検討している。その際必要な概算経費を計算したく、介護ソフトがどの程度金額がかかるか知りたい
・モバイル端末の導入など、ICTを活用したトータルシステムの運用を検討しているため。
・現在は別のソフトを利用していますが、クラウド版への移行の導入費用が高価であることから、他のソフトへの移行を検討しています。

居宅介護支援事業所は、主任ケアマネの人材を確保できれば比較的立ち上げやすい介護事業所であるため、新規開業を前に導入を検討されるケースが目立ちます。また、4月の介護報酬改定を踏まえて、ICT化やペーパーレス化の需要も増えました。

同じような理由で介護ソフトの導入を検討されていましたら、介護ソフトナビでソフトを比較検討してみませんか?

「完全無料」ソフトを一覧で比較する※体験版・資料請求が無料です!

問い合わせ数ランキング

  • 【2021年4月最新】居宅介護支援ソフト ランキング

介護ソフトナビ掲載ソフト一覧

お電話でも介護ソフトナビの体験版・資料請求承ります
介護ソフトについて
介護ソフトを知る
問い合わせ数ランキング
介護ソフトの選び方
介護ソフトと報酬改定
居宅介護支援 ソフトガイド
居宅サービス ソフトガイド
施設サービス ソフトガイド
地域密着型 ソフトガイド